土地家屋調査士資格の基本的知識

土地家屋調査士資格の活用と試験について説明します

土地家屋調査士資格の有効活用と試験対策

資格に関する業務の主な内容及び将来性

土地家屋調査士の資格を取得することには、いくつもの利点があります。こちらの仕事は、主として不動産の表示に関する登記に欠かせない土地もしくは家屋に関して、調査並びに測量を実施する業務内容です。シャウプ税制が決まって以来、60年オーバーに渡って持続的な歴史の深い資格になります。人が日々の生活を行っている限り、土地や家屋もなくなりません。新たな形で家屋が作成され、新たなる人々が住む限り、土地家屋調査士の業務も無くなりません。その結果、こうした資格の持ち主であると、将来的に安定性が高まることになります。土地の筆界登記の申請代理であるとか、土地の筆界絡みの民事扮装の解決に関する手続きの代行や測量調査等、ほかにも業務はたくさんあることから、引く手あまたといえます。

土地家屋調査士の年収額は平均しておおむね300~500万円程です。開業している方の中には1000万円をオーバーする収入額の人も少なくありません。収入額は営業努力により変化し、営業努力の成果として農協並びに銀行や不動産会社などのとても大きな取引先を持つことで年収額の大きな増加が可能です。それに加えて司法書士といったその他の資格を保持していたり得意とする分野を発展させるといったことに尽力することも年収額をアップさせるためには必要となります。地方都市では土地家屋調査士の総数が足りないところもあることから地域によりましても年収額に差があります。資格所持者が多くない職業ですから競争の激烈化があまり見られません。ですから自分自身のスキルを磨くことが年収額増加の秘訣ということになります。

国家試験の難易度及び試験に効果的な対策

土地家屋調査士についてはハードルの高い試験です。平均的な合格率はおおむね8%くらいで推移します。受験制限は無く、試験に関しては筆記試験及び口述試験から構成されます。試験日に関しては筆記が8月それから、筆記試験にパスしたら口述試験については11月に実行されます。午前の筆記試験は難易度がとても高く、初受験者にとり敷居が高いといえます。そのため、午前の試験が免除となる資格をあらかじめ手に入れておく、というアプローチがあります。その資格と言いますのは測量士、測量士補さらに建築士でいずれかひとつ資格があれば、午前の筆記が免除ということになります。特に手に入れやすい測量士補の資格をターゲットにしてみるのも賢明でしょう。午後の試験に効果的な対策としては、10年分の過去問を復習することが最適でしょう。

人気記事ランキング