土地家屋調査士が働ける就職先

土地家屋調査士が活躍出来る仕事先について説明します

土地家屋調査士の成果を出せる就職先と有利な方法

需要が多くあり比較的就職しやすい

土地家屋調査士については、土地並びに建物が何処にどれくらい存在しているかを調べ上げ、判るようにすることができる資格になります。建物のオーナーに代わって登記の手続き、あるいは調査などを実行することもあります。こちらの仕事のニーズについては安定しています。そして、クライアントも個人のみならず法人並びに地方公共団体に及ぶため、相対的に就職しやすい資格といえるでしょう。

資格を取得した後の主な就職先とは

土地家屋調査士の資格取得した以降は、測量会社、あるいは土地家屋調査士の事務所へと就業するのが通例です。 大手調査事務所もしくは測量会社ならば会社内において必ずといっていいぐらい土地家屋調査士が属しています。そして、公共測量といったスケールの大きい仕事を請けているケースもあり、個人事務所と比較していろいろな経験を積み重ねることができるというアドバンテージが有ります。 これに対して、土地家屋調査士については仕事時に欠かすことができない機材などが少ないことから、開業が容易な仕事ということでも注目を集めています。土地家屋の調査士に必要不可欠なことは実務経験といえます。複数年実績を積んだ後に個人事務所をオープンして独立するというのもよく見受けられます。小さい事務所を一人で開業したあとに複数人の土地家屋調査士が正規雇用社員になって法人を作り、一層大きな仕事を申し込み受け付けするというパターンもよく見受けられます。それに加えて仕事の幅を増加させるためには、税理士であったり行政書士と相関関係を持って事務所をオープンするというメソッドもあります。

就職に有利になるためのポイント

土地家屋調査士の資格を取得した後、就職によってアドバンテージになるためにはどうしたらよいのかについてですが、まず第一に、就職時には実務経験及びスキルを問われます。ですので、キャリアやレベルが高いなら就職にはアドバンテージになります。加えて、公共団体、あるいは民間業者とのネゴシエーションなどを実施したキャリアも高い評価を受けることがあります。その他、税理士資格もしくは行政書士の資格を取得し、プラスアルファのスキルで自分自身の価値をアップさせる方法も効果が期待できます。就職手段として、資格予備校の就職説明会を有効に活用するテクニックであるとか、土地家屋調査士会の求人に関する募集サイトを利用するという手段があります。また、土木もしくは測量の情報誌から求人に関する情報を探し出すこともできます。 このように安定したニーズがあり、就職も実施しやすい土地家屋調査士は人気の資格です。しかしながら、現実に仕事に就いた経験やテクニックが重視されることから、資格を取得してから直ちに独立というパターンは少ないです。まず第一に事務所などでキャリアを積み、その後独立することが王道といえるでしょう。

人気記事ランキング