土地家屋調査士の資格取得の利点

土地家屋調査士資格を取る魅力について説明します

土地家屋調査士資格を取得する有益性

独立開業が可能で信用も非常に高い

土地家屋調査士の資格を手にするメリットは複数あります。まず、独り立ちして自分自身の事務所を開業することができます。土地家屋調査士は、取得した後フリーとなって自分自身の力で稼ぐことができる資格といえます。事務所を所有して独立が容易なので、独開業して本領発揮している調査士が国内至る所にたくさんいます。会社員でなく、一国一城の主となりくらしていきたい方にふさわしい資格です。 また、まわりからの信頼性も厚く高い評価を受けます。国家の基盤に結び付く不動産を取り扱うことから、法務省の管轄の資格になります。土地や建物については一人一人の大事な財産ですから、責任についてもとても大きく確実性が求められます。それを受けて、弁護士や司法書士と並んで、日本国内の法制度をバックアップする大切な資格と考えられています。開業している調査士に関してはまわりからの信頼性も厚く、有識者という立場で一目置かれます。

表示登記を独占でき働き甲斐があります

また、表示登記を独占して実施することができます。資格者については、不動産の登記に関する業務のうち表示に関しての登記を独占して実施できるよう、国から公認されています。具体的に言いますと、所有者の委任により土地もしくは建物の位置並びに形、用途などをチェックして図面を作成し、法務局に対しての申請等を実施します。土地家屋調査士はこうした業務の独占資格の為未来においても有望といえます。さらに、充実感がとても高く、働き甲斐に満ち溢れています。一般人にとって頼もしいプロフェショナルです。土地や建物を所有者に保全する大事な仕事ですので、不動産の形等を正しく法務省に登記する必要があります。その分だけ公共性が高い業務といえ責任も大きいですが、働き甲斐にも溢れていると言えます。登記資料は固定資産税といった税金算出のベースともなるため、社会に対しての貢献度も非常に大きいといえます。

非常に高い年収額が期待できます

年収額1000万円オーバーが見込めます。土地家屋調査士連合会の調査によりますと、調査士には年収額1000万円オーバーを達している調査士が数多くいます。とても高い競争率をクリアした不動産登記申請のプロフェッショナルとして、高評価にふさわしい報酬を受けられます。資格に関しては一生涯有効で定年退職もありません。ですので、業務を拡大することが出来れば、補助者を活用して事務所の成功が見込めます。専門家として国から承認されており、一般市民の資産を守る非常に重要な役割を担うからこそ、高い収入を得ることができます。

人気記事ランキング